お宿 玉樹 の従業員、玉樹人が、玉樹 の日々を綴ります。伊香保 とお宿 玉樹 の良さをお伝えできれば幸いです。


菖蒲湯

本日、当館大浴場は菖蒲湯を行いました。

菖蒲湯(しょうぶゆ)とは5月5日端午節句の日に、ショウブを入れて沸かす風呂のことです。入浴することで邪気を払うとされています。

また、ショウブは「勝負」や「尚武」につながるとも言いますが、元来は薬草です。「服薬」の語があるように薬草には呪術的意味があり、身におびると良いとされてきました。アイアカネキハダなどの染色植物はほとんどが薬草です。菖蒲湯は薬草を入れた温水浴としての民間医療行為としての意味があり、これが年中行事と結びついた例といえます。同様の例として、冬至の日の柚子湯があります。なお、菖蒲湯は季語となっています。

菖蒲湯2.jpg