お宿 玉樹 の従業員、玉樹人が、玉樹 の日々を綴ります。伊香保 とお宿 玉樹 の良さをお伝えできれば幸いです。


長峰公園の「ヤマツツジ」 見頃を迎えました!

「長峰公園」の「ヤマツツジ」が、見頃を迎えました。
いつもより遅かったものの、真っ赤なじゅうたんとなりました。
榛名街道の「ツツジのカーテン」は、少し花の数か少なくて、寂しく感じますが、車やバイクで通り過ぎる人々の目を楽しませてくれそうです。
5月19日の様子をお伝えします。
よろしかったら、ご活用下さい。

伊香保温泉から榛名湖に向かう途中にある「長峰公園」は、伊香保温泉全体を見下ろせる場所で、「ヤマツツジ」の群生地となっております。

いつもより少し遅れていましたが、辺り一帯を真っ赤に染めて見頃となりました。

少し蕾も残っていますが、新緑の中で「ツツジのじゅうたん」が、真っ赤に映えています。

「長峰公園」へは、伊香保温泉街から車で7~8分。
遠くに望む山々の景色も格別です。


IMG_9896.jpgのサムネール画像


長峰公園「ヤマツツジのじゅうたん」準備中!

 長峰公園「ヤマツツジのじゅうたん」準備中! 

伊香保温泉から榛名湖に向かう途中にある「長峰公園」は、伊香保温泉全体を見下ろせる場所で、

「ヤマツツジ」の群生地となっております。

伊香保温泉までの街道沿いの「ヤマツツジ」は、色鮮やかに咲き始めておりますが、辺り一帯が真っ赤に染まる

「長峰公園のヤマツツジ」の見頃には、もう少しかかりそうです。

まだまだ蕾なのですが、新緑の中でしっかりと「赤いじゅうたん」の準備中です。
「長峰公園」へは、伊香保温泉街から車で7~8分。
遠くに望む山々の景色も格別です。

※写真は、5月7日に撮影したものです。


IMG_9652.jpgのサムネール画像のサムネール画像


「河鹿橋周辺の「新緑」が、優しく迎えてくれる季節となりました!」

 山々の「新緑」が優しく迎えてくれる季節となりました。

特に朝の優しい光に包まれた湯元「河鹿橋周辺」の新緑は、とても印象的です。
晴れた朝にゆっくりと湯元散策をするのも、いいかもしれませんね。

「清々しい朝の空気」と「優しい緑」、「鳥のさえずり」に心癒されるお薦めスポットです。

爽やかな風、眩い新緑の中、伊香保温泉でゆっくりとしたお時間をお過ごし下さい。

写真は、5月 7日に撮影したものです。


IMG_9610.jpg


女将のお茶入れサービス 今年も始まりました!

 「女将のお茶入れサービス 今年も始まりました!」

旅館の女将会「お香女(おかめ)会」によるお茶入れサービスが、今年も始まりました!
毎年、11月初旬までの毎週日曜日に、「石段街」の中程にあるポケットパークにて、麦茶の無料提供サービスをさせていただいております。

石段街の途中でひと休みしてから、ゆっくりとご散策をお楽しみ下さい。

目印は、「おかめ顔」のイラストと「お香女(かみ)のコンシェルジュ」が、えんじ色で染め抜かれた「懸垂幕」です。

みなさんのお越しを心よりお待ちしております。

わずかな時間ではございますが、旅館の女将との会話をお楽しみ下さい。

【期 日】平成29年4月23日(日)~11月初旬の毎週日曜日 
     ※ゴールデンウィーク中の 5月4日(木)、5日(金)も実施予定
【時 間】10:45~12:15 
【場 所】石段街ポケットパーク
※天候不良の場合、中止となることもありますで、あらかじめご了承願います。
【問合せ】伊香保温泉旅館協同組合 TEL 0279-72-3201


IMG_9326コピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像






本日4/8は花まつり【潅仏会(かんぶつえ)】

 毎年、4月8日はお釈迦様の誕生日に行う仏教のお祭りです。

釈迦の誕生日に甘露の雨が降ったという言い伝えがあることから、

4月8日には釈迦の像に甘茶をかける風習があります。

これに習い、当館では毎年4月8日のチェックイン時に甘茶をご用意し

お出迎えさせて頂きます。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

 


端午の節句

DSC_3648.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内飾り付けが、『端午の節句』に変わりました。

端午の節句は、奈良時代から続く伝統的な行事です。

端午の節句の飾りは地方によって様々です。鎧や兜、武者人形、馬や虎・若武者の人形、鯉のぼりや旗のデザインもそれぞれの個性があるものですが、飾りには大きく分けて、外飾り(鯉のぼりや武者絵のぼり)と 内飾り(鎧、兜飾りや子供大将飾り)があります。本質的には立身出世を願う鯉のぼりと、子供の無事な成長を願う内飾りは意味が違うので両方を飾ることが望ましいようです。

 


 


雛飾り

節分も終わり、『雛まつり』へと模様替え致しました。

桃の節句は、端午の節句と区別して女の子の節句というイメージがありますが、本来は老若男女問わず、人々の幸せを願う節目の日であります。

春という季節を寿ぎながら、健康で幸せな日々が末長く続くことを願う日として、この時季ならではの風情を楽しみましょう。




節分

DSC_3643.JPG
館内の飾り付けが、『お正月』から『節分』に変わりました。

節分の豆まきは、年男(その年の干支を持つ生まれの人,,,今年は辰年の方ですね)、

または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数

だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われています。

そして、豆まきは闇雲に投げるのではなく、鬼の出入りする

『鬼門』のある北東に向かって投げ、邪気を祓う行事です。

邪気を祓い、今年も良い年にしたいものです。

 

 


今日、1月15日は小正月です。

本日、1月15日は元旦(がんたん)正月に対して小正月と言います。

年の瀬からずっと忙しくフル回転で頑張って家事をしていた奥様方も

ようやく手が空くので「女正月(おんなしょうがつ)」とも言います。

年末年始、忙しかったみなさまへ日頃の疲れを癒しに来てみては如何でしょうか?

 

お宿 玉樹スタッフ一同 ”やすらぎのひととき” を感じて頂けますようお手伝いをさせて頂きたいと存じます。

 


毎年恒例 夏の風物詩

鬼灯.jpg

 玉樹の周りにたくさんの鬼灯

(ほおずき)が飾られました。

これは、伊香保全体で取り組んでいて、温泉街の一体化を感じることが出来ます。

正面玄関やラウンジでは緑に生える赤が視覚を楽しませ、なびいている風鈴の音色が涼しさを感じさせてくれます。